2009年10月30日

つどーむどーでしょう(Bパート)

 では、アイキャッチから続きを。

 同人誌即売会というのは、スペース代で費用、収益を捻出
 それで足りなければパンフレット代(入場料)で補填。と、いうビジネスモデルです。たぶん
 まぁ、実際に開催したことないんだけどね。

 コスプレーヤーには、会場代はスペース代で賄っているけど、撮影スペースや更衣室という形で場所を占用してるんだから会場代の一部を負担してね
 と、いう理由で「コスプレ登録料」を500円とっているのでしょう。
 荷物預かりも同様の理由と思われます。


 大雑把にいえば
 スペース代=同人誌即売にかかる会場代
 コスプレ登録料(荷物預かり)=コスプレスペース、更衣室等にかかる会場代
 パンフレット代(入場料)=通行料

 みたいなイメージ。

 なので、同人誌即売会のスペースが減り、コスプレスペースが増えている現在は、コスプレーヤーの負担を大きくせざるおえない。と、いったところでしょうか。

 今後、下手をすると全体の費用の内、スペース代で賄っている金額よりコスプレーヤーの払っている金額(入場料+登録料+荷物料)で賄ってる額の方が多くなる可能性もあります。


 さて、前回、会場の使用料は『同人誌即売会として利用しているので利用区分は「音楽・芸能・プロ競技・物販・宣伝・展示会等で使用する場合」でしょう。』と、書きましたが、利用区分には「アマチュアスポーツ・レクリエーション等で使用する場合」という項目もあります。

 会場使用料としては「音楽・芸能・プロ競技・物販・宣伝・展示会等で使用する場合」に比べ「アマチュアスポーツ・レクリエーション等で使用する場合」格安です。

 つまり、物を売らずに、アマチュアスポーツやレクリエーションとしてコスプレ・イベントをやれば安く上がるのです。 (理屈としては)

 試しに同人誌即売会をやる時の様に試算してみましょう。

 この場合の利用区分は「アマチュアスポーツ・レクリエーション等で使用する場合」
 入場料は取らざるを得ないので「入場料の類を徴収する場合 *1」「土・日・祝日」の欄ですね。

 時間帯は同人誌即売会と同じく「午前」「午後」の二区分。
 入場者の年齢分けは難しいので区分は「一般」とします。

 故にベースとなる会場代午前43,200円+午後57,600円=100,800円

 BGMは好みですが、放送室2,600円を午前午後の二区分使って+5,200円
 女子更衣室用に会議室ABCを借りるのに450円/1時間×3箇所×準備も含めて10:00〜16:00の6時間+8,100円
 撮影用の台に「組立て式ステージ」+4,500円
 照明は点けてるの実質1/4点灯くらいかな。1,600円/1時間×10:00〜16:00の6時間+9,600円
 受付等用として、テーブルと椅子がざっくり+3,000円
 利用後のゴミ処理は、スタッフそれぞれゴミ袋1袋持って帰るとして+0円
 暖房費は今回は入れないでおいて、この段階で合計 131,200円
 ここに+雑費でざっくり15万円

 ほら、かかる費用が10分の1になった

 撮影メインなら照明を1/2点灯にして、パンフか通行証つくっても、ざっくり20万円ってとこかな。
 回数やるなら照明用のライト買って設置したほうがランニングコストは安いかも。

 収入としては、「参加料」が現在かかっている800円+500円+300円=1,600円くらいが目安になるので、さっくりと1,500円設定
 当然、コスプレ登録料や荷物関係の代金もコミコミ。

 かかる費用を参加料で割り返せば、15万円なら100人20万円なら134人でトントン。
 コスプレイベントで、つどーむ全開放なら200人は来るっしょ。

 ほら、なんとかなりそうでしょ?
 誰かやらないかなー。

 まっさか某大手同人誌即売会さんともあろうお方が恥も外聞も捨てて真似することは無いと思うが、その前に。
 まぁ、成功して毎月〜隔月開催するようにでもなって、毎回参加者500名以上くらいになったら、その存在価値薄れるけどニャー。

 一応書いておくけど、今回紹介したとおりの金額なるとは限らないのであしからず。


 うちはやらんよ。手まわらんし。
 「と、いうわけで『つどーむ』でイベントやります!」ってオチを期待してた方はごめんなさい
 そんなところでEDソング(気が向けば続く)

posted by PSY−10 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | コスプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

つどーむどーでしょう。(Aパート)

 「つどーむ」は財団法人「さっぽろ健康スポーツ財団」と、いうところが管理、運営をしているようです。

 さて、実際大手同人即売会屋さんは、ここをどうやって、どれ位の金額で借りているのでしょうか?
 ぶっちゃけ会場とも中身とも付き合いが無いので施設料金表から推算してみます。


 同人誌即売会として利用しているので利用区分は「音楽・芸能・プロ競技・物販・宣伝・展示会等で使用する場合」でしょう。
 入場料を取っているので「入場料の類を徴収する場合 *1」「土・日・祝日」の欄ですね。
 イベント自体は11時から15時ですが、テーブルやパイプ椅子、衝立等の準備や撤収の時間も必要なので、おそらく「午前」「午後」の二区分で利用していると思われます。

 故にベースとなる会場代午前486,000円+午後648,000円=1,134,000円

 BGMを流していたはずですので放送室2,600円を午前午後の二区分使って+5,200円
 女子更衣室用に会議室ABCを借りてるのかな?入ったことないから判らんが。
 これで450円/1時間×3箇所×準備も含めて10:00〜16:00の6時間+8,100円
 たしか撮影用の台もあったはずなので「組立て式ステージ」+4,500円
 照明が全点灯(してたっけ?たぶん1/4〜1/2点灯)として6,500円/1時間×10:00〜16:00の6時間+39,000円

 仮に即売会スペースが800あったとして、テーブルと椅子で+80,000円
 利用後のゴミ処理が10立方メートルとして+40,950円
 暖房費は今回は入れないでおいて、この段階で合計 1,311,750円
 さらにパンフレット代、コス登録用のシール代、人件費などなどを入れて、ざっくり150万円前後くらいかな?

 仮に全スペースの半分400スペースが入ったとして2,000円×400sp800,000円
 1スペースあたり二人は来るとして800人×入場料800円640,000円
 うち半分がコスプレーヤーとして、コスプレ登録料500円×400人200,000円
 で、それぞれが荷物を1つずつ預けるとして300円×400人120,000円
 あとはチラシやパンフレット内の広告料が、それなりの金額になるはず。
 この辺りが収入の下限ってとこかなー。(ちょっとコス人口多くしすぎたかも。)

 収入はさておき、このかかっているであろう費用150万円を一個人で、一サークルで何とかできるのか?

 と、いったところでアイキャッチ。(続きます)

posted by PSY−10 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コスプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

マイ・フェバリット会場

 最萌会場とでも言えばいいのだろうか?

 たとえば自分がコスデビューした会場、たとえば自分のコスが最も映えるであろう会場などなど、そんな自分にとっては特別な会場ってのはあるもんです。

 私なんかは、二十歳で月寒グリーンドーム(当時。今は月寒アルファコートドーム)。
 その後ちょいとブランク挟んで二十三歳に真駒内アイスアリーナで再デビュー。

 その時、「るろうに剣心」「斎藤一」のコスをしていたので、ハンドルネームがPSY−10(さいとう)なのです。
 安易ね。

 閑話休題(それはさておき)

 で、その当時「合わせ」で、集まった。と、いうか会場で集めて「合わせ」をしたあげく、会場で遊んだり、アフターも一緒にどっか行ったりという、そんな感じの団体がいくつもありました。

 全然知らない初対面の人とでもイベント終わったら、さてカラオケだ、打ち上げだと、なるのも珍しくない時代でした。
 イベント後、25人くらいで遊んだり飲んだりしたこともあったっけ。

 その中の一つ、後に通称「剣心組」と呼ばれる団体に拾われたのが、今の自分の原点。
 ちなみに拾ってくれた「剣心組」のリーダーが、今のRAVE UP!にいるデネブ(又はシンケンゴールド)の中の人。
 当時は志々雄真実のコスをされてました。

 まぁ当然団体名のごとく「るろ剣」のコスプレイヤーの集まりな訳ですから、「何時かは伊達時代村とかでコスできたらいいね。」なんて夢物語を話してた記憶はありますが、まさかその後こんな事になろうとは思ってもみなかったのです。

 と、いう訳で私のフェバリット会場は登別伊達時代村で、しかもそこで自分達でイベントを開催しているというレイヤーとしてもイベンターとしても恵まれた環境にいる訳です。

 次点は初めて自分でイベント(コスプレダンパ)を開催した岩見沢の体育館。もしくは大型コスプレダンパをやっていたディスコ「キングムー」。
 まぁ両方とも今は無い訳だが。


 さて、そんなレイヤー一人一人にあるであろうフェバリット会場ですが、北海道ではそれが「つどーむ」って方も多いのではないでしょうか?

 そのつどーむを一個人が、一サークルが(私達のように)借りてコスプレイベントを開催することは可能でしょうか?


 企業でもなんでもない一サークルが、北海道グリーンランドや登別伊達時代村でイベント開催できるんだから、なんとかなるのでは?

 ってのが、これからのお話。
 ここまでが前フリ。アバンです。
 OPソングはありませんが、本編に続きます。

posted by PSY−10 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コスプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

面白そうなので勝手に応援してみる。

 不定期開催の男装喫茶さんですが、今回のテーマは「Alice」だとのこと。
 不思議の国にちなんだアリスや住人、またはゴスロリ甘ロリパンクな感じに限りコスプレOKらしい。

場所は
 札幌市中央区南7条西3丁目7−27
 ジャスマックプラザ5番館ビル 401号室

営業時間は二部制で
 cafe time 14:00-16:30
 night time 17:00-20:00
 とのこと。

料金は
 ご予約 \1,000同サイトから可能)
 当日  \1,200(高校生以下 要学生証提示 \1,000)
 全てドリンク+フード付とのこと

 ハロウィンに併せてゲームもあるそうな。
 詳しくは同サイトまで。

 と、オチもなく紹介だけで終わる。
posted by PSY−10 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

お忍び

 久しぶりにネットの海を彷徨(さまよ)っていると、某ベテラン・コスプレーヤーさんが某作品の「あわせ」に参加されるということなので、ご一緒させてもらいました。

 本人にも内緒で。

 運が良ければ会場で会えるでしょ。くらいのつもりで前日に準備。
 自分の開催したコスイベント以外でコスするの久しぶりだ。
 最近スタッフしてても顔あまり晒してないから身バレしないだろう。でも、「チョット、ドキ!ドキ!シテルネ?」と心の中のパルテノ(誰?)に煽られながら就寝。

 当日、買い物をした後、MAPLUS3ポータブルナビ声優ナビから流れる若本則夫のあまり当てにならない案内に導かれて会場へ。

 会場について着替え、荷物を預けて、「入場料800円+コスプレ登録料500円+荷物1個@300円×2個で、1900円かー(以下、長くなるので今回は省略)とか思っていると、偶然にも更衣室から出てくる、お目当てのベテラン・コスプレーヤーさんを発見

 さっすがパルテノ早い!
 早速合流して、「あわせ」に紛れ込む。

 「十人以上のあわせに参加なんて何年ぶりだろう?」と思いつつ、大人しく(当社比)場の流れに身を任せる。

 やっぱり楽しいね。コスプレは。
 「衣装(コス)で遊ぶ(プレイ)からコスプレなんだよ?」
 と、川原泉チックな事を考えたり考えなかったり。

 あわせとは別に、思いもよらない人に、めちゃ久しぶりに会ったりもしました。
 あと、うちのスタッフ数人にも。

 どうやら、この日は別の会場でもイベントがあるらしい。
 そういや、うちのスタッフの一人がそんな事いってたっけ?とか思いながらも財布と相談。

 残金2900円ナリよ?キテレツ。
 大人の財布の中身じゃねぇ。

 最近カードを使う率が高いうえ、買い物の後だしなー。と、自己弁護。
 しかも丁度この日、取引銀行のATMシステムメンテナンスの日で、金を下ろせないという逆境っぷり。

 「レディ、君はいつもそうやってオレをけしかける 不可能といわれりゃよけいその気になるじゃないか。」

 と、心の中のコブラが岩手方面から言うので行きました。
 コスプレイベントのハシゴなんて初めてかもしらん。

 ダンパも同時開催だったようで、血が騒ぎますね。
 あわせで初めて知り合った方に「ダンパ、踊られるんですか?」とか言われて「ええ、踊りますよ。」とか、答えてる自分が可笑しくてしょうがない。

 そりゃー踊るどころか開催するくらいだしなぁ。
 とは、口には出さない。(※注:RAVE UP!は、もともとコスプレ・ダンパイベント)

 ま、実際、昔に比べりゃ全然踊れないしね。
 幽遊白書で言う所の雷禅(ライゼン)みたいな感じ。
 ユーロ、パラパラ系は、もとから踊れないし。

 結局、何人かには身バレしながらもイベント終了。
 めちゃめちゃ楽しい一日でした。

 帰りには幽遊白書で言う所の(ムクロ)の「俺も只(ただ)のレイヤーだ。」の気分。
 イベント主催してると、どうしても幽遊白書で言う所の黄泉(ヨミ)タイプになっちゃうしなぁ、と、無理やり三人の名前出してみる。

 周りの雰囲気や、更衣室内で聞こえる他愛無い会話すらも新鮮で大切に思えた一日。
 「この笑顔、守りたい。」ってな感じです。
 イベント開催、頑張ろう。

 あと、コスの方も、初めてした戸愚呂(弟)のコスから、やり直すかな。自分も。とか思った稔りある一日でした。

 遊んでくれた皆さん、ありがとうございました。
 また、どっかで会ったら遊んでください。

 そのうち、またこっそり、どっかのイベント行って見よう( ̄ー ̄)ニヤリ

 あー、忘れてた。
 よろしく。

 12月26(土)〜27日(日)と、超年末開催です。
 準備せにゃー。
posted by PSY−10 at 23:38| Comment(1) | TrackBack(0) | コスプレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

新イベントです。

 その名も、その名も、その名も「RAVE UP!W(ダブル)(玄田哲章 調)

 北海道は岩見沢市にある「ホテル サンプラザ」さんの、2階1フロアを全面借り切って行われる、このコスプレイベント。

 ウリとしては、ホテルのフロアは勿論

F1010036.JPG


 和室や
F1010032.JPG

 チャペル
F1010029.JPG
F1010030.JPG

 神前でも、コスプレ写真を撮ることができます。
F1010033.JPG
F1010034.JPG

 そして、なんと昼食付き!
 ホテル料理がデザートと共にバイキング形式で提供されます。

 さらには、コスプレ・ダンスパーティーも同時開催!
 お値段は前売2,900円当日3,400円です。

 さらにさらに宿泊付きプランもありますです。
 こちらは、ただ宿泊だけではなく、夜間に同会場を4時間開放いたします。
 あと、朝食も付きます。

 お仕事帰りの人も安心ね?
 こちらの価格は二日間で合計で9,800円でナリ。

 「RAVE UP!W(ダブル)」「W(ダブル)は、Wedding「W」だったり、仮面ライダー的に「ホテル」「ダンパ」「W(ダブル)だったり、そんな感じ。

 安易ね。
 詳しくはこちら↓
posted by PSY−10 at 18:30| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。