2010年02月19日

裏話。

の前に訂正。
 前回のイベント情報、一部間違えてました。10月24日(日)に予定あけておいてください。


 まだ詳しくは言えないですが、足掛け3年くらい準備をかけた、少し大きなことを企画してます。

 参加者1000人くらいの規模のコスイベントを目指してますが、(おそらく)日本発?のイベントになると思われ。既にあったらゴメン。
 コケて出来なかったら、もっとゴメン。
 
 これを成功させるために、去年から寒軍べくたあさんともタッグを組んでおります。
 今年の春と夏の遊園地イベントが新しい形での運営になったのも、この流れによるものです。
 ちなみにダンパ関係で参加・協力してる方は、単に趣味です。

 ぶっちゃけた話、このタッグにより北海道のコスプレに関するレギュレーションやルールも、ある程度整備しちゃいたい。って気持ちが正直あります。
 レイヤーの皆さんもイベントのたびに「長物の基準どうだっけ?」とか「モデルガンOKだっけ?」とか心配するの面倒くさいと思うので。
 っていうか、自分が面倒くさいので。


 真面目な話しをすれば、北海道のコスイベの良いところは、やっぱり(本州に比べ)規制が緩い。ってのが一番だと思うんですよ。

 例えば先述の長物とかでも、普段RAVE UP!や寒軍さんのイベントでは当たり前に持ち歩いていますが、たとえばコミケだと30センチ以上はアウト。
 北海道でもお馴染みの、おでかけライブでも1m以上はアウトです。


 とはいってもねー、自分も経験あるけど刀とか武器がないとコスが締まらないキャラとか確かにいるんだよね。
 なので良いコスプレをするためにも、この緩さを護りたい。って気持ちが強いです。

 だから、(寒軍べくたあさんとタッグを組む事によって開催される)北海道最大のコスプレイベントの規制が緩いので、他のコスプレイベントの規制も、それに合わさざるを得ない。と、いう流れに持っていきたい。

 まぁ、今は直接意味がない行動かも知れないけども、出来るうちに今後の北海道のコス環境のためにも下準備をしておきたいな。と。
 これから北海道でコスプレする人のためにもね。


 と、いっても、時代村イベントでの忍者と殺陣の時みたいに、「えっ?My長物ないの?」みたいなRAVE UP!は、逆にそれはそれでどうかと思うが、こっちは推奨こそすれ止める気はない。

 あと、長物・得物が基本的に解禁になれば、今まで以上にコス関係ショップでの取り扱いも増えるだろうし、それによって今よりもっと気軽にコスができるようになるかなー。ってのもあります。


 あとは遊園地イベントも、RAVE UP!じゃなく企業が主体で開催することによって(回数なども含めて)もっと色んな可能性がでてくると思う。
 RAVE UP!は、ボランティアサークルだから、どうしても活動に限界があるしね。

 とはいえ、RAVE UP!も中に入って混ぜっ返す気、満々ですが。


 遊園地イベントで一番はしゃいで痛いレイヤーがRAVE UP!のスタッフで、そこまでは正式にセーフ。みたいになったら面白いなぁ。(本当にやりそうで怖いが)


 その辺りも全部ひっくるめて、北海道のコス環境を良くするための運動の一環だと思ってご理解いただけると助かります。


 そんな訳で、次世代のためのコスプレイベント「北海道コスプレイヤーズNEXT(旧:RAVE UP!デラックス in 北海道グリーンランド) 

 5月30日(日)から新装開店です。




 名付けた後、スレイヤーズのタイトルみたいだと気づいたのは内緒だ。

posted by PSY−10 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141623449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。