2005年05月12日

日本人で言うのは論外

 またA級戦犯がどうのと、頭の悪い奴らが騒いでるそうですな。

 そもそもお前らA級戦犯の意味を知ってるのか?って話だ。
 このABCってのはランクじゃないのよ?

 A級:「平和に対する罪」
 B級:「通例の戦争犯罪」
 C級:「人道に対する罪」

 っつー意味だ。(それぞれA項目、B項目、C項目で「ABC項目戦犯」という。)

 ここでコピペ

 「A級戦犯」とは平和や人道に対する罪を問われた人をいみするらしい

 共産主義に賛同しないからと言う理由で1000万人殺すのは?
 罪のない料理店を破壊しや他国の大使館に投石する事は?
 先住民を討伐し「開拓」と称して自分の国にしてしまうのは?
 アフリカから大量に誘拐し奴隷として扱う行為は?
 女子供の頭の上に原子爆弾を落とすのは?

 日本じゃ現地の子供に、歌「赤とんぼ」を教えただけで戦犯→死刑だったんだぞ!
 彼らを靖国にぐらい入れてやれ、そして歴代総理は参拝ぐらいしろ、年一回で良いから


 まぁ、A級戦犯について言えば、当時政治の手段として悪でもなんでもなかった「戦争という手段」を、第二次世界大戦の「勝ったほうが正義で負けたほうが悪」とするためだけにでっちあげた「後付けのきまり」の違反者。

 喫煙者が「今日からタバコは違法。お前らタバコ吸ってたから犯罪者として逮捕」ってされたようなもの。
 これをやっちゃぁいけないってのは「法の不遡及禁止の原則」といって「罪刑法定主義」と共に法律の基本中の基本。

 つまり、悪いことというのは法で決めておきなさい(罪刑法定主義)後から決めて「それは悪かった」とするのは駄目だ(法の不遡及禁止の原則)ということ。

 悪名高い「東京裁判」は、これを勝者側がなりふり構わずやっちまったので、まっとうな法律家は疑問の声をあげている。(っつーか、汚点だといってる。)

 そもそも、日本のA級戦犯なんて、もういないのよ。

 物理的に死んだとかなんとかじゃなくて、もう法律や条約で日本はもとより、世界でも免責されているの。
 書くと長くなるから最後に転記するだけにするけど、いまどきA級戦犯がどうのこうの言ってる奴は、「意味も知らず雰囲気で物いう阿呆」「法律や条約を守れないロクデナシ」以外の何者でもないので相手にしないのが吉。

 そもそも五月蝿い中華人民共和国は当時日本と戦ってないしな。
 当時日本と戦ったのは中華民国。つまり台湾の中の人(の半分。もう半分は元台湾系日本人)
 どっちも「戦争関係はチャラ」っていう条約結んでる。

 韓国、北朝鮮にいたっては、当時、朝鮮半島は日本領で中の人も朝鮮系日本人だったから、靖国神社に祀られている朝鮮人(朝鮮系日本人)もいる。
 あるサイトでいってた「共犯者のくせに態度でかい」ってのは、そのとおりだな。

詳しく読む(転記部分)
posted by PSY−10 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

QEU=「クイーン・エリザベス二世号」な

 ちょっと萌えたのでコピペ

 これは文藝春秋2000年11月号に掲載された阿川弘之氏の文を要約したものです。

 2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、世界各国の帆船170隻、海軍の艦艇70隻がニューヨーク港に集結した。

 翌日の5日に英国の豪華客船「QEU」が入港してきたのだが、折悪しくも2ノット半の急流となっていたハドソン河の流れに押された巨大な客船は、あれよあれよと言う間もなく、係留中の我が海上自衛隊の自衛艦「かしま」の船首部分に接触してしまったのである。

 着岸した「QEU」からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士が謝罪にやってきた。
 相手の詫び言に対応した「かしま」艦長はこう答えた。

 「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております」

 これが何千人もの船乗りたちの間で大評判になり、ニューヨークだけでなく、ロンドンにも伝わって「タイムズ」や「イブニング・スタンダード」も記事にし、日本のネイバル・オフィサーのユーモアのセンスを評価する声が高かったそうである。

「かしま」艦長、上田勝恵一等海佐の対応の見事さは勲章ものではないでしょうか。



 異様に格好良いなぁ。
posted by PSY−10 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

日米台の連携もとれてきてるし。

小泉首相 インド・デリー市内の中学校を視察、熱烈歓迎される

 インドを訪問中の小泉首相は29日、デリー市内で日本語教育を行っている中学校を視察し、日本語の歌などで熱烈な歓迎を受けた。
 授業を見た小泉首相は「熱心な日本語教育に日本も応えないといけない。インドは協力しがいのある国だ」と感想を述べた。

 小泉首相は日本時間29日夜遅く、シン首相と首脳会談を行い、政治・経済・文化など様々な分野で関係を強化していくための「共同声明」を発表する予定。





 地味に嫌味いってますな。首相。

 なにげに「協力しがいの無い国」中国の包囲網ができつつある予感。

 もう一個の「協力しがいの無い国」韓国はどうするのかねぇ。
 まぁ暴走するだけだろうけど。
posted by PSY−10 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

アジア・アフリカ首脳会議の話。

 文を拾ったので作ってみた。

20050426-01.jpg
20050426-02.jpg


 同じく拾い物のコメント。

 支那と猛烈に険悪になった後、アジア各国首脳の前で「すいませんでした」とやった。
 状況が状況なので各国はこの大芝居を大歓迎。
 今回ばかりは土下座というより「オトナの対応」と映った。

 で、日中首脳会談。小泉は謝罪する必要がないし、なにより支那は謝罪を求めることができない。
 靖国はいつのまにか核弾頭級のカードになっていて両者とも切れない。

 せいぜい公式見解に争いのない台湾問題でお茶を濁すことしかできない。
 これなら引き分けかな。

 そうだ、もうひとつ忘れてはいけない。
 中国は常任理事国問題についてさえ言及できなかったのだ!



 同じくもう一つ拾い物のコメント。

 今回総理の「へたに2国間対立を煽らないで、国際社会を巻き込んだ上で下手に出る。」作戦は大成功みたいですね。

 ここで一部右派お花畑系が言うように、断固とした対立を煽っていたら、国際社会から「どっちもどっち」と言われ、逆に「なんだやっぱり反省していないじゃないかバッシング」を受けた可能性もあった。

 しかし今回の国際会議の場で殊勝な態度をとることで、「こんなに謝ってるのに、かわいそうないじめられっこ」と各国の同情をもらうとともに、中国韓国の振り上げたコブシの落としどころも失くして梯子を外してしまった。



 で、嘘かホントか知らんが海外でのイメージ。

 すんません、スイスからです。
 こちらでも小泉総理のAA会議での謝罪演説は大々的に取り上げられてました。

 スイスは各国のニュースが(仏、独、伊、西、葡、+英米)が入ってきますが、取りあえず今書いた全てのチャンネルを追ってみたら、どこもかなり多きく取り上げていた様に思われます。

 自分の言語の守備範囲は、英、独、仏、若干の伊、わずかの西なのですが、いずれも「日本は謝ってるじゃん。受け入れない中国が、イクナイ!!」的論調で、自分も久々に胸がス〜っとしたもんです。

 あと、上のほうに町村外相を評して「鉄の微笑」と、ありましたが、謎の微笑みの裏に隠し持った
短刀で、グサっといくSamurai みたいなコメントを、どっかのテレビで聞きました。

 あーなるほど…と、妙に関心しちまったよ。



 こんな感じのことがあったそうな。

もっとくだけた内容はこちら。
posted by PSY−10 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

緩急自在の凄腕キャラ

 4月20日の日記の続き。


 
新法王は「恥ずかしがり屋で猫好き」

伊各紙が紹介記事


 「本当は恥ずかしがり屋で猫好き」−。ローマ法王ベネディクト16世は選出以来「ごりごりの保守派」として世界のメディアに取り上げられてきたが、イタリア各紙には法王の人間らしさを伝え、堅物イメージを変える記事が増えてきた。

 各紙は「とっつきにくそうな顔は高慢さを表すものではなく、性格からくるもの」などと、ドイツに住む法王の実兄やバチカンの同僚の証言を紹介している。

 元大学教授で法王と長年仕事を続けた女性は、新聞のインタビューに彼は恥ずかしがり屋だが、親しみを表現できるようになるまでそれほど時間はかからないでしょう」と答えた。

 日刊紙「19世紀」は、法王が猫好きの優しい性格で、猫と出合うと必ずあいさつすると紹介。

 「ある時は10匹もの猫がバチカンの仕事場までついてきて、警備のスイス衛兵を困らせた」と報じた。(共同)(以下略)





 だから、キャラが立つのにも程があるってばさ。
 恐るべし新法王。
 これで若かったり女性だったりしたら萌えで世界はキリスト教のものになってしまうな。


もう一個別のネタ。
posted by PSY−10 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

予想の斜め上をいく国

与野党議員27人、韓日基本条約の破棄要求
 ヨルリン・ウリ党の金元雄(キム・ウォンウン)議員など、与野党議員27人は韓国と日本が65年締結した「韓日基本条約および協定」を「屈辱的な条約」と位置づけ、再交渉を求める決議案を21日国会に提出した。

 決議案には
  ▲韓日両国政府が関連文書をすべて公開する
  ▲日本が植民地支配に謝罪し、韓日合併が無効であることを明らかにする
  ▲慰安婦、強制徴用をはじめとする人権侵害および加害事実の公開と被害者への賠償要求が盛り込まれている。




 えーと、どっから話をすればいいんだろう。
 日韓基本条約だけを破棄するのか、付随条約まで破棄するのかによって内容が変わってくるのだが、普通に考えて土台である日韓基本条約を破棄するなら当然付随条約も破棄するんだろう。

 それによってどういうことになるかというと
  1.基本的に日本と韓国は国交断絶(この条約によって国交を結んだため)

  2.在日朝鮮人が日本にいられなくなる(付随条約によって永住許可が与えられたため)

  3.漁業協定や文化財及び文化協力に関する協定が白紙(付随条約にて協定)

  4.日本が無償又は低金利で行っていた貸付金の根拠が無くなる(付随条約にて協定)

  5.日韓共に財産、権利、利益の請求権が発生する(国、法人、個人問わず)

 おおざっぱにこんなところ。

んでもって、どうなるかというと
posted by PSY−10 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(2) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

キャラたってそうね。

 新しい法王が決まったそうですな。

新法王
ドイツのラッツィンガー枢機卿


 では(かたよった)巷の声を聞いてみましょう。

 ・やっべwwwwwwwww迫力あり杉wwwwwwwwワロス

 ・夜な夜な不死者と戦ってても不思議じゃないなwwww

 ・少年時代が戦時中で、元ヒットラーユーゲントなのよね。
  同年代の神父さんで同じような経歴の人も結構いるみたい。

 ・しかしこの新ローマ法王、前法王のように寛容だろうか・・・
   仏教は『エロチックな霊性』=ラッツィンガー枢機卿が指摘=

 ・非寛容な人だと思う。異端審問の責任者だったし。



 えーと、それはヘルシングの話?
posted by PSY−10 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

また中国の話。

 コピペ

暗黒大陸中国の真実
  ラルフ・タウンゼント  1933年

 中国中央政府に盗賊団や学生放火魔を取り締まるよう要請しても期待できない。
 しかし、役人に「アメリカ資産に手出しをするな」とお触れを出させるくらいのことを要求する権利はある。

 しかし保護に努めるどころか、過激排外学生におもねり、略奪を奨励する政府である。
 略奪行為の多くを私はじかに知っているのであるが、これに加担した政府役人でも何のお咎めもなし。
 全在中国領事館を調査したら、1927年に国民党が政権を握ってからの略奪事件だけでも数千件にも上ると思われる。

 アメリカの建物に火をつけたり、商品を堂々と盗んでも逮捕するわけでも何でもなく、奨励するかのように役人が匿う。

 中国人は世界に冠たる詐欺師、ペテン師である。
 アメリカ人に略奪から人殺しまで何でもしながら、責任逃れだけは上手である。
 国全体が乱れていようが構わない。

 しかし、無政府状態で国が乱れていようとも、権力を握っている軍、役人にその気があれば何かできるはずである。

 しかし、自主独立の気概のない国の常で、問題が頻発すると、権力者は外国に責任転嫁するばかりである。
 「食料を強奪する帝国主義国打倒に全力を尽くせ」と、来る日も来る日も貼り紙をし、ビラを撒いて扇動しているのは、何を隠そう中国政府自身である。
 そして暴動が起こると、「当局には一切責任はございません」とするのを茶番と言わず何と言おうか。



 まぁ、なんだ。歴史は繰り返すってやつだな。
 まったく成長していないともいうが。
posted by PSY−10 at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

さすが朝鮮半島の宗主国(親分)

★<中国首相>津波被災支援で小泉首相を揶揄

 香港メディアによると、中国の温家宝首相は9日、訪問先のスリランカで、インド洋大津波の被災者支援に関連して小泉純一郎首相を名指しで揶揄した。
「私は専用機で16トンの支援物資を運んだ」と紹介。

 さらに、「日本の小泉首相は飛行機2機で来ていたが、恐らく1箱の支援物資も運んでいなかっただろう」と述べた。

毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050410-00000088-mai-int


 へー、そっすか。


 では、こっちの話はどうかしら?
posted by PSY−10 at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

韓国のデモは華麗にスルー。

 中国でデモだそうですな。

 中国共産党の一党独裁体制という環境で、国民が自発的デモなんてやったら、1989年6月の天安門事件のように、全員ぬっ殺されるってのは中国自身が証明してるわけで、それが無いってことは官製デモなわけよ。

 平たくいえば、中国政府がやらせているデモ

 ここ大事よ?
さらに
posted by PSY−10 at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

では、そういうことで。

 休日なので、もったり休む。

 さすがに年度替わり&人替わりで今週は忙しかったダス。

 それだけじゃなんなので、唐突にコピペ


自動車の買い方
■アメリカ人の買い方 一番でかいの ←大きいものは良いという大雑把な価値観
 一番馬力のあんの ←パワーがあれば良いという大雑把な価値観
 一番安いの ←安ければ良いという底抜け状態
 一番に目に付いたコレ ←考えるのがマンど臭いO気質

■日本人の買い方
 トヨタの車が欲しい ←ブランド思考
 四輪独立懸架 ←スペック思考
 200馬力は欲しい ←不必要なスペック思考
 試乗せずに買う ←無意味にメーカーを信じている

■ドイツ人の買い方
 このバンパーはリサイクル可能か? ←執拗な環境配慮
 このエンジンのCO2は? ←しつこいぐらい執拗な環境配慮
 カタログでは分からんから現物を見せろ! ←現物主義
 試乗させろ ←徹底的な現物主義

■フランス人の買い方
 なんだ?ドイツ製なのか! ←未だにドイツ製品に対する敵意
 やっぱドイツ製なんだよな ←欲しいものがドイツ製であるくやしさ
 ドイツ製じゃないとな ←バカにしつつドイツ車が欲しくてしょうがない
 まぁ〜同じEUだから ←無理やりの合理化。オペルを買えおまえ。

■イタリア人の買い方
 まず販売店の女の子をナンパ ←車を買いに来ている
 説明を聞くフリをしてタッチ ←車を買いに来ている。
 食事に誘う ←車を買いにきている。
 そのまま帰る ←ママンの車にのってろボケ!
posted by PSY−10 at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

いろいろ大変ね。

 ローマ法王が亡くなったそうですな。

 日本が誰が弔問にいくか?ってのが問題になりそうですが、そこでコピペなど。

 皇族の弔問は、カトリックの中の人が困りまふ。
 欧州の王室なら、宗派の違いってことで、まだ許容できまふが、日本の皇族は誰がどー見ても異教でふ。

 名実共に陛下が国家元首として公示されていれば「国の代表」という裏技も使えまふが、今の時点ではそれも無理。
 でふから、先代、先々代の時も皇室は弔問に行っていませぬ。
 #先々代が帰天された1978年は、故高円宮殿下が留学中ですたが弔問されておりませぬ

 ついでに小泉の弔問も微妙。
 政教分離の建前をクリアするには、詭弁を使うか、政治の外にいる人を使うしかありませぬ。
 また、安保理の件で、イスラームやアフリカにも配慮しとく必要がありまふ。
 欧米と微妙に距離を置いておくことにも、相応のメリットが考えられるということでふ。
 #台湾は首脳外交の機会が少ないので必死になるのは当然でふし妥当なんでふけどね


 なるほどねぇ。

 あと、皇族については日本神道の「穢れ」という概念から、そもそも葬儀に(身内でも)出席しないという話もどっかで聞いたような。
posted by PSY−10 at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。